協議と懇親(2017.4.24)

懇親会で酒を飲まなくなって久しい。別にもういいかと思っているが、やはり世代によってはつれなく感じる方もおられるようだ。

欠かせないものと手放すもの(2017.4.23)

Mac

音質は手放せないものなのだが、費用や手間をかけてもなかなか気に入った形での運用が難しそう。それはそうと、Macminiはよくよく考えてみると省スペースという点だけでも価値があると思えた。・省スペースである。立ててモニタの後ろあたりに置くと最高。Ai…

満足できること、満足できないこと(2017.4.22)

しばらくは満足できるまでいろいろ試行錯誤することになるだろう。車が新しくなったことで、どんな効果を得られるか。経済面、健康面、生活面...。

出来ないこと、出来ること(2017.4.21)

出来るにこしたことはない。しかし、万全でなければ出来るとは言えない。

経済の車輪になるということ(2017.4.20)

高額の出費は避けたいが、それによって経済をまわす車輪になることも決して無価値ではないはずだと今は思っておく。

会議の効能(2017.4.19)

正直にいいたい事が話されている会議では、ある程度の自浄作用も働いているような気がする。悪役も乱入者も必要ない。

着々と前進、後退の繰り返し(2017.4.18)

今ではこれで行くしかないだろう。

対応の時間と距離感(2017.4.17)

トータルで20~30分ぐらいか。内容にもよるが。

未来書房と未来書店(2017.4.16)

店舗内容は大きく異なるが、大人が愉しめるというコンセプトは共通。

荒天と好天(2017.4.15)

早朝の海津大崎。駐車スペースがますます狭くなっている気がした。

話していた内容と違う話、話にさえ出ていなかった話(2017.4.14)

話せばわかる話なのに、いきなり想定外の話が出てくると焦る...。

懐かしく新しい(2017.4.13)

不定期ながら久々の支所勤務も悪くない。繁忙期をどう乗り切るかが課題だが。

発酵とつながり(2017.4.12)

会って行動をともにすると、よくわかる。

事務所にいる時といない時(2017.4.11)

あらかじめ意識して行動しなければ。しかしながら、事務所にいない時はいない時である意味楽しみではある。明日の研修はスタッフの皆さんが楽しみにしていることでしょう。

普通の会話・対話があれば(2017.4.10)

そんなにギスギスしないで日常を送れるのだ。ないとそんなに大したことでなくても淀んでしまう。

労働と休息(2017.4.9)

雨と埃と琵琶湖の波しぶきと砂と汗にまみれても、イベントが無事に終わるとほっとする。帰りに寄ったコーヒー焙煎店にも満足。

無慈悲な無視には無感覚になるしか対策無し(2017.4.8)

無視されないようになるしかないのだろう。

無意識な無関心は心なき無礼行為(2017.4.7)

なんか訳わからない。しばらくは様子を見る。

何もない日常をやりきる、生ききる(2017.4.6)

家と職場の距離が約20km、往復でも約40km。そこそこの商業集積があるのは安曇川と今津だけ。それも非常に限られた内容。でもそれが現実。情報はネットにある。会うべき人はいたるところにいるのだ。

するべき行動を基準にする(2017.4.5)

ゴミを出す、荷物をしまう、問題を解くなど、ちょっとした事でも実行すればしただけの効果が得られるということを自覚するようにする。

場所を変えても(2017.4.4)

変えた事によるメリットが失われてしまっていては意味がない。禁煙でもコーヒーさえ美味しければ我慢して滞在できるのだけど。

年度のはじまりに(2017.4.3)

変わらないことへの不信感はあるものの、改善、発展させていけそうな予感も伴いながらのスタートだった。

(2017.4.1)

うそは要らない。けど、ユーモアはほしい。

未来が好きになるということ(2017.4.2)

長閑かな春の風景の中、長蛇の列をなす車の群。体にいいモノ、健康にいいコトを求めこれだけの人がここに訪れるということが素晴らしいと思えた。少しずつでも未来はよくなっているように感じる。

OSSOS(2017.3.31)

過去に買い替えを余儀なくされたOSトラブルが容赦なく襲う年度末。それもiPhoneとiPadの両方で! 何とか早期解決できて無事に送別会を終えられてよかった。

近くにあってよかった(2017.3.30)

昼に渡して即座に解決、代替機も返して一件落着と思いきや、さらなる困難が待ち構えていた年度末。

変わり目・区切り目(2017.3.29)

なかなか進まない事、iPhone水没(自滅)など。

節度をもって復讐する(2017.3.28)

相手には敬意をもって憎しみ、節度をもって復讐する。この人生が復讐の旅ならば、せめてそれぐらいは心がけたい。くるっている事に気づかれぬようにくるっている事を知らせるように。

遠出とは一体どこまでを言うのか。(2017.3.27)

それでも時には足を踏み出してみる。

どこにも行けない(2017.3.26)

誰かに知られることなしには。

割に合わない(2017.3.25)

傷、汚れ、におい、意識もしていなかった過失。 どれもこれも自分のせいとはいえ、 無自覚な状態でやったことに対してここまで言われるのは心外だった。自分にとって最も高額な買い物をするというのに、こんなにも嫌な思いをするとは、そして誰にも抗議でき…

何のためにするのか(2017.3.24)

そして誰のためにするのか。こちらからお願いしている形ではあるが、それだけではないはず。

気持ち悪いんだよ(2017.3.23)

わかってるのか?ある意味では可愛そうなのかも。

新しくなる年度に向けて(2017.3.22)

暦や月日はすっぱりと変わるが、人や組織には少しずつ変わる部分もある。うまく噛み合うように進むと流れがスムーズでストレスも少ない。

体調が悪くても(2017.3.21)

代車変更など済ます。

逆展開の日(2017.3.20)

奪われたもの、失ったものにこだわる事はやめて、これからに目を向ける。

二律背反?の日(2017.3.19)

好きな場所だからこそ、そこで嫌な想いをするのはイヤだから行かない、みたいな日。

学びと気づきの日(2017.3.18)

カフェについて、コミュニティについて、京都で。

さまざまな告知の日(2017.3.17)

あれもこれも知らせが集中した1日だった。次年度にも大きく影響することは確か。

危険はすぐそこに(2017.3.16)

完全に保証された安全なんかない。自分の言動ならなおさら危険。

投資的時間を取り戻す(2017.3.15)

地元のファミレスはいまいち。でも悪いことばかりではないが。

役立つ、頼りにされることの効能(2017.3.14)

これは本当にありがたいことだと改めて実感。

勝った負けたの繰り返しから(2017.3.13)

サヨナラする。

車でタバコを吸わないで(2017.3.12)

いると、いろいろ生活のペースが変わる。しかしやはり、音楽を聴くにせよ、携帯やタブレットを見るにせよ、軽く飲食するにせよ、車内がベストな環境な事は変わらない。どうするか。

繰り返す節目に(2017.3.11)

落ち着かざるを得なかった最大の要因は車の選択肢が無かった事か。

いてもいなくても(2017.3.10)

変わらないような1日だったような無為に過ごした感。

原因と結果と対応(2017.3.9)

メンテの負行き届きか、耐用年数の必然か、車の買い替えを迫られる。

安堵と目標(2017.3.8)

約7年ぶりの健康診断。採尿に四苦八苦。結果は思ったほど悪くない印象で安堵。しかし、血糖値だけは要改善で体重を減らすのが目標。

診断の前に(2017.3.7)

久しぶりだと、どこか勝手が違って軽い驚きと発見がある。

伝え知らせる前提(2017.3.6)

相手がすでに知っているという前提で伝え知らせようとすると、どこか不親切で場合によっては傲慢な態度にとられかねないように思う。