年度のはじまりに(2017.4.3)

変わらないことへの不信感はあるものの、改善、発展させていけそうな予感も伴いながらのスタートだった。