境界を越えること(2017.5.21)

はっきりと線引があるわけでもないけれど、越えてみるとやはり違ったものが見えた気がする。