母の日に(2017.5.14)

街を歩いていると、様々な商品やキャッチコピーが泣かせる。